WordPressプラグインcode-snippets」の使い方

PHPを動作させてくれるWordPressプラグイン「code-snippets」の書き方を、PHP初心者の管理人が備忘録として残します。

こちらこちらこちらを参考にしました。感謝感謝

スポンサーリンク

基本

最初と最後のphpのタグ「<?php」と「?>」はいらない

function 関数名(引数)
{
処理;
return 返り値;
}
add_shortcode(‘呼び出し名’,’関数名’);

html出力

これだけではダメぽ

波カッコの前後で一旦phpを切って、その間に普通にhtmlを書けば良いみたいだ。

function 関数名(引数)
{
?>

ここにhtmlを書く

<?php
}
add_shortcode(‘呼び出し名’,’関数名’);

ヒアドキュメント

htmlを表示させるには「ヒアドキュメント」で記述した(文字列)変数をreturnする

例えば「これはヒアドキュメントのテストです」と表示させたい場合

code snippetでの記述

function hereDocTst211107()
{
$string=<<<eot
これはヒアドキュメントの表示テストです。
eot;
return $string;
}
add_shortcode(‘spt_hereDocTst211107′,’hereDocTst211107’);

記事での引用

「[spt_hereDocTst211107]」と記事中で記述

phpでの書き方との違い

ショートコードに追加する記述以外にも違いがある。

<?php
function hereDocTst211107(){
$string=<<<eot
これはヒアドキュメントのテストです
eot;
echo $string;
}

hereDocTst211107();//同一ファイル内での関数の呼び出し

?>

制作の流れ(2021.11.7版)

元php作成

関数本体と呼び出しを入れたphpファイルを作成し、ブラウザで動作を確認

<?php
function hereDocTst(){
$string=<<<eot
これはヒアドキュメントのテストです
eot;
echo $string;
}
hereDocTst();//同一ファイル内での関数の呼び出し
?>

ピンクの部分を後でcode snippetに移植する

snippet準備

ショートコード名を決めて、code snippetのテンプレを用意する

*

add_shortcode(‘ショートコード名’,’関数名’);

関数名は先程作成したphpの関数名を使う

コピペと調整

「*」の位置にピンク色の部分をコピペして、「echo」を「return」に書き換える

function hereDocTst(){
$string=<<<eot
これはヒアドキュメントのテストです
eot;
return $string;
}

add_shortcode(‘spt_hereDocTst’,’hereDocTst’);

完成♪

activateする

snippetのエディット画面で「activate」するのを忘れずに!

タイトルとURLをコピーしました