code-snippetsで時間表示のテスト

時刻に応じた文字列やらを表示させるテスト

 

目次(クリックでジャンプ)

その1

乱数で時間を決定して、時間に応じたメッセージを表示する(暫定的に乱数で決めた時刻でメッセージ表示)

表示

時間表示のテスト1
現在時刻は2020年07月08日 22時54分46秒です♪
乱数時間は16です!
お疲れ様でした。あと少し頑張りましょう

php記述

function timeDisplay1()
{
date_default_timezone_set(‘Asia/Tokyo’);
$tData=date(‘Y年m月d日 H時i分s秒’);
$rndHour=mt_rand(0,23);

//メッセージの選択と収納
if($rndHour<4){
$msg=”真夜中です。ちゃんと寝ましょう”;
}elseif($rndHour<9){
$msg=”おはようございます!”;
}elseif($rndHour<13){
$msg=”お昼ごはんあとちょっと…”;
}elseif($rndHour<18){
$msg=”お疲れ様でした。あと少し頑張りましょう”;
}elseif($rndHour<22){
$msg=”リラックスタイム♪”;
}else{
$msg=”明日に備えておやすみなさい”;
}

//表示内容(ヒアドキュメント)
$string=<<<eom
<div class=”N-box” style=”margin:2em auto 1em;”>
<div class=”box-title”>時間表示のテスト1</div>
現在時刻は{$tData}です♪<br>
乱数時間は{$rndHour}です!<br>
{$msg}</div>
eom;

return $string;
}
add_shortcode(‘spt_time1′,’timeDisplay1’);

その2

現在の実際の時刻を取得して、それに応じてメッセージ内容・文字色・背景色を変える(暫定的に乱数で決めた時刻で決定)

表示

時間表示のテスト2
現在の日付・時刻は2020年7月8日 22時54分46秒です♪
現在の決定時間数は「23時」です!

乱数時間数は「16時」です
→お仕事あと少し!頑張りましょう!
時間表示のテスト2
現在の日付・時刻は2020年7月8日 22時54分46秒です♪
現在の決定時間数は「23時」です!

乱数時間数は「16時」です
→お仕事あと少し!頑張りましょう!

php記述

function timeDisplay2()
{
date_default_timezone_set(‘Asia/Tokyo’);
$date=date(“Y年m月d日 H時i分s秒”);
$hour=date(‘H’);
$min=date(‘i’);
$hourM=floor($min/30);//30分を超えたら時間に1プラス
$hourD=floor(($hour+$hourM)%24);//決定時間数
$hourR=mt_rand(0,23);

//時間別メッセージの選択と収納
switch($hourR){
case 1;
case 2;
case 3;
$msg=”真夜中です。ちゃんと寝ましょう…”;
$txtCol=”#7b9″;
$bgCol=”#000″;
break;
case 4:
case 5:
case 6:
$msg=”ずいぶん早起きですね!”;
$txtCol=”#6597c5″;
$bgCol=”#fff”;
break;
case 7:
case 8:
$msg=”おはようございます!今日も一日頑張りましょう”;
$txtCol=”#6597c5″;
$bgCol=”#fff”;
break;
case 9:
case 10:
case 11:
$msg=”お昼ごはんまで、あとちょっと…”;
$txtCol=”#6597c5″;
$bgCol=”#fff”;
break;
case 12:
$msg=”お昼ご飯で一休み♪”;
$txtCol=”#6597c5″;
$bgCol=”#fff”;
break;
case 13:
case 14:
$msg=”午後の仕事がんばりましょう!”;
$txtCol=”#6597c5″;
$bgCol=”#fff”;
break;
case 15:
case 16:
case 17:
$msg=”お仕事あと少し!頑張りましょう!”;
$txtCol=”#6597c5″;
$bgCol=”#fff”;
break;
case 18:
case 19:
case 20:
$msg=”お疲れ様でした。リフレッシュ&リラックスタイム♪”;
$txtCol=”#6597c5″;
$bgCol=”#fff”;
break;
default:
$msg=”明日に備えておやすみなさい”;
$txtCol=”#6597c5″;
$bgCol=”#fff”;
break;
}

//表示内容(ヒアドキュメント)
$string=<<<eom
<div class=”L-box” style=”margin:2em auto 1em;color:{$txtCol};background:{$bgCol};”>
<div class=”box-title” style=”color:{$txtCol};background:{$bgCol};”>時間表示のテスト2</div>
現在の日付・時刻は{$date}です♪<br>
現在の決定時間数は「{$hourD}時」です!<br>
<br>
乱数時間数は「{$hourR}時」です<br>
→{$msg}</div>

<div class=”T-boxA” style=”margin:2em auto 1em;color:{$txtCol};background:{$bgCol};”>
<div class=”box-title” style=”color:{$bgCol};background:{$txtCol};”>時間表示のテスト2</div>
現在の日付・時刻は{$date}です♪<br>
現在の決定時間数は「{$hourD}時」です!<br>
<br>
乱数時間数は「{$hourR}時」です<br>
→{$msg}</div>

eom;

return $string;

}
add_shortcode(‘spt_time2′,’timeDisplay2’);

タイトルとURLをコピーしました