twitterでの検索オプション

特にリアルタイムな情報を検索するのに便利なTwitterをさらに便利に使うために、絞り込んで表示する方法をまとめた

検索履歴の保存

ここで紹介するような検索は何度も入力するのが面倒なので、検索窓横のボタンから「保存」を押して(➁)保存しておく

Twitterの検索を保存する
➀検索入力

検索窓右の「…」
➁検索を保存

「保存」を選択
➂保存を確認

保存されている

次回からは、保存した検索を呼び出して、変更して使えば楽チン

 

発信内容で絞り込み

大きく分けて「キーワード」「期間」「ユーザ」3種類の絞り込み

キーワードで絞り込み

注:ハッシュタグ

#でハッシュタグにしたワードは一部分だけを検索できない

(例)「#補欠合格」は「補欠」では検索できない

単一語で絞り込み

「合格」…「合格」が入ったツイートを表示

複数語で絞り込み

and検索

「補欠 合格」…「合格」と「補欠」が入ったツイートを表示

→「補欠合格」「補欠で合格」「…補欠…。…合格…。」等を表示

完全一致

(例)「”補欠合格”」…「補欠合格」そのものが入ったツイートを表示
→「補欠で合格」というツイートは表示されない

or検索

「補欠 OR 合格」…「補欠」か「合格」が入ったツイートを表示
小文字の「or」ではダメ

除外

(例)「-合格」…「合格」が入っていないツイートを表示

期間で絞り込み

since:西暦年-月-日
until:西暦年-月-日

年は4桁。月日は2ケタにせずとも(1ケタで)良い

(例)「since:2019-1-1 until:2019-1-31」…2019年1月1日から2019年1月31日までのツイートを表示

どちらか単独でも使える

ユーザーで絞り込み

ツイートのみ表示

「from:ユーザーID」
(例)そうちゃ@zky_tutor のツイートを表示
→「from:zky_tutor」

ツイートと返信表示

「@ユーザーID」…返信も含めて表示
(例)そうちゃ@zky_tutor への返信も含めて表示
→「@zky_tutor」

返信のみ表示

「to:ユーザーID」…返信のみ表示
(例)そうちゃ@zky_tutor への返信のみ表示する
→「to:zky_tutor」

合わせ技の例

ユーザ+発言内容で絞り込み

単一語

(例)そうちゃ@zky_tutor のツイートで「合格」が入ったツイートを表示
→「from:zky-tutor 合格」

複数語

(例)そうちゃ@zky_tutor のツイートで「補欠」と「合格」両方が入ったツイートを表示
→「from:zky-tutor 合格 補欠」

OR検索

(例)そうちゃ@zky_tutor のツイートで「補欠」か「合格」が入ったツイートを表示
→「from:zky-tutor 合格 OR 補欠」

完全一致

(例)そうちゃ@zky_tutor のツイートで「補欠合格」が入っているツイートを表示
→「@zky-tutor “補欠合格”」

除外

(例)そうちゃ@zky_tutor のツイートで「合格」が入っていないツイートを表示
→「@zky-tutor -合格」

組み合わせ

(例)そうちゃ@zky_tutor のツイートで「合格」は入っているが「補欠」は入っていないツイートを表示
→「@zky-tutor 合格 -補欠」

特定ユーザの発言期間で絞り込み

「from:zky-tutor since:2019-10-31 until:2019-11-30」

→そうちゃ@zky_tutor のツイートで2019年10月31日から2019年11月30日までのツイートを表示

反応での絞り込み

ツイートへの反応での絞り込み。「最低リツイート数」「最低お気に入り」「最低リプライ」の3つ

最低リツイート数

「min_retweets:N」…N個以上のリツイートがあるツイートを表示

リツイートを除く

「-filter:retweets」…リツイートを除いて表示

最低お気に入り数

「min_faves:N」…N個以上のお気に入りがあるツイートを表示

最低リプライ数

「min_replies:N」…N個以上のリプライがあるツイートを表示

タイトルとURLをコピーしました